サカイ美装

東京都の外壁塗装は建築知識豊富なサカイ美装へおまかせください。現場調査・建物診断・お見積まで全て無料です。

サイディングのシーリングをDIYで補修する手順と注意点

約 3 分

サイディングのシーリングをDIYで補修する手順と注意点

サイディング、シーリングといっても一般的な言葉ではないため、どういったことなのかわからないといった方も多いと思います。サイディングとは外装材のことをいいます。

羽目板、下見板ともいい、従来は木製でしたが、現在は窯業系サイディングといってセメントや珪酸カルシウムなどで作られています。またアルミやスチールを利用した物や樹脂製のものもあります。

シーリングとは、サイディングの外壁塗り替えを行う際、塗装前の処置として気密性や防水性を高めるため、隙間を目地材などでふさぐことをいいます。今回はこのシーリングを自分で行う際の手順と注意点についてご説明します。
シーリングを行う前にやるべきこと
シーリングを行うにはまず、既存シーリングの撤去をしなくてはなりません。

カッターやペンチなどを使い、外壁を傷つけることなく丁寧に行ってください。また目地にはできる限りごみやほこり、古いシーリングが残らないよう、細かいチェックを徹底してください。ここでしっかりとシーリングを取り除かないと、後で余計な手間がかかることになりますので注意してください。

シーリングをきれいに取り除いたら、目地の周りをテープで養生します。これをしないと出来上がりにムラができてしまうため、ゆがみや隙間ができないようにします。
実際のシーリングの手順
養生を終えたらシーリングをしっかり密着させるため、目地に接着剤的下塗材「プライマー」をハケ塗りします。

その際の注意点は、シーリングは目地底には接着していない=「2面接着」が正しい施工です。目地底に付かないように気を付けるかボンドブレーカーを貼る等「3面接着」にならないように気を付けて下さい。
また、必ず使用するシーリングに適した専用品を使ってください。プライマーとシーリングの相性が悪いとシーリングがはがれやすくなります。

シーリングには色々な種類があります。DIYで補修する場合のおすすめは「低モジュラスでノンブリードのウレタン」または「低モジュラスの変成シリコン」です。

使用量はシーリングを行う箇所や深さによって大きく変わりますが、最初は少なめに購入し、ある程度やった時点で残りの量を計算し追加すると余らせることなく使用できます。

全ての目地にシーリングを行ったら、後は養生テープをはがしてシーリングの終了となります。
シーリングを行う際に気を付けるべき2つのポイント
きれいにシーリングを行うポイントが2点あります。

1点目はシーリングを充填した後に行う「均し(ならし)」です。ヘラを使い、内部に空洞ができないよう丁寧に均してください。この部分を怠ってしまうと、シーリングが密着せずにすぐにはがれる原因となります。

2点目は養生テープをできるだけ早めにはがすことです。時間をおいてしまうとシーリングの表面が乾いてしまい、テープをはがすときに一緒にはがれてしまいます。

この2点をしっかりと行わず、中途半端に作業するとさらなる劣化を招き、もっと重大なトラブルに発展します。結局、大きな補修を業者に依頼しなければならなくなるリスクがあるため、十分に注意して作業を行ってください。

【朝日新聞  マイベストプロ掲載 公開日: 2016-08-22】 参照元:http://mbp-tokyo.com/sakabi/column/55251/

塗装工事マニュアル進呈中

”失敗しない塗装工事 7つの防衛策”

塗替えの不安もこれでバッチリ解消!
このマニュアルを元に、塗装工事を知っていただければ幸いです。

運営者プロフィール

代表サカイ美装
元大手建設会社勤務、元現場管理経験者だからこそ可能な外壁塗装工事の提案、良質な施工に最大の強み。単に塗装をするだけではなく、お客様の家を快適かつ資産価値を高めることを使命とする塗装工事を実施。

コメントはこちらからお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA