サカイ美装

東京都の外壁塗装は建築知識豊富なサカイ美装へおまかせください。現場調査・建物診断・お見積まで全て無料です。

信頼できる塗装店とは?


怪しい塗装業者の3つの特徴

施工直後は綺麗に見えますが、現場経験不足や手抜き工事により、すぐに塗料が剥がれてきたという事例をよく聞きます。以下①~③のような業者はまだまだ多く存在し、お客様からのクレームが絶えない現状があります。

①専門知識を持っていないスタッフが建物診断している

現場調査の際、調査を行う人が「建築士」「施工管理技士」「外装劣化診断士」「窯業サイディング塗替え診断士」などの資格がない。施工内容について質問しても明確な回答がない場合、現場経験がなく施工技法や建築知識がない担当者である。

②あやふやな「一式見積もり」

見積書の書式には明確な決まりがないため、作業内容を曖昧にして「外壁塗装一式」のように記載する。これでは、どの箇所のなんの作業にどんな材料が使われて、それぞれに幾らかかっているのかが全くわからない。これは、費用のどんぶり勘定や費用のごまかしに繋がるだけでなく、材料の適切な塗布量が明確でなくなり、標準施工仕様が厳守されているかが不明である。

③ずさんな手抜き工事

一般的な価格より格段に安い受注により、見た目だけきれいに施工し、実態はずさん、手抜き工事(塗り回数、希釈率、重ね塗り可能時間等の不正)を行う。そうした施工は暫くすると必ずボロが出てくる。

信頼できる塗装業者の見極め方

身元が分かり、資格を持つ診断士かどうかを確認しましょう。
施工例の写真を見せてもらうだけでなく、過去に施工した外壁塗装・屋根塗装の実績を見せてもらうのも1つの方法です。施工中の現場や、施工したことのある現場の見学をさせてもらうのが一番納得できるでしょう。
一般の方が、外壁や屋根の塗料知識がないことをいいことに、「外壁塗装一式」や「諸経費」の一行でまとめられている見積りは注意。担当者に、塗装箇所ごとに明細書を要請しましょう。建坪から算出する大ざっぱな見積りにも注意。
特に仕様に関しては、塗料の名称やメーカー名、塗り回数や面積あたりの塗布量など、細かな記載があれば安心です。
見積内容などに質問をしても、「職人に確認して返事します」などすぐに的確な答えがない場合も要注意です。

塗装工事マニュアル進呈中

”失敗しない塗装工事 7つの防衛策”

塗替えの不安もこれでバッチリ解消!
このマニュアルを元に、塗装工事を知っていただければ幸いです。